PFO閉鎖術 医療従事者向け

HOME

臨床成績

PFO(卵円孔開存)が関与する脳梗塞の再発予防には、薬物療法に加えてPFO閉鎖術を行うことがより有効であるということが、3つの大規模臨床試験によって示されています。これらは2017年のNew England Journal of Medicineに掲載されています。

RESPECT REDUCE CLOSE
症例数 980例 664例 663例
選択基準 PFOを有する潜因性脳梗塞 PFOを有する潜因性脳梗塞 PFO以外の原因が否定される脳梗塞
平均年齢 45.9歳 45.2歳 記載なし
観察期間 中央値5.9年 中央値3.2年 平均値5.3年
ハザード比 0.55(p=0.046) 0.23(p=0.002) 0.03(p<0.001)

RESPECT Study

RESPECT Trialでは過去270日以内に潜因性脳梗塞を発症しておりTEEでPFOを有することが確認されている18歳から60歳の980名を、PFO閉鎖術実施群と薬物療法群に割り付け、その後のイベント発生率を比較しました。
主要エンドポイントは無作為化後の再発性非致死的虚血性脳卒中、致死的虚血性脳卒中、または早期死亡の複合です。

ITT解析によって、PFO閉鎖術群で脳梗塞の再発を相対リスク45%で有意に低減しました(p=0.046)。
本長期データは平均5.9年が含まれました。

ITT解析によって、PFO閉鎖術群で原因不明の脳梗塞(奇異性脳塞栓症ふくむ)の再発を相対リスク62%で有意に低減しました(p=0.007)。

本データからPFO閉鎖術は薬物療法単独よりも有効であることが示された。

【参考】
Saver JL, Carroll JD, Thaler DE, Smalling RW, MacDonald LA, Marks DS, et al. Long-Term Outcomes of Patent Foramen Ovale Closure or Medical Therapy after Stroke. N Engl J Med.
2017;377(11):1022-32.
Sondergaard L, Kasner SE, Rhodes JF, Andersen G, Iversen HK, Nielsen-Kudsk JE, et al. Patent Foramen Ovale Closure or Antiplatelet Therapy for Cryptogenic Stroke. N Engl J Med.
2017;377(11):1033-42.
Mas JL, Derumeaux G, Guillon B, Massardier E, Hosseini H, Mechtouff L, et al. Patent Foramen Ovale Closure or Anticoagulation vs. Antiplatelets after Stroke. N Engl J Med.
2017;377(11):1011-21.

BACK TO TOP

注意事項 必ずお読みください

このウェブサイトでは、医療関係者の皆さまを対象としてアボットの製品情報を提供しています。ここに記載されている情報は、患者さん・ご家族の皆さまへの情報提供を目的としたものではありません。

あなたは医療関係者ですか?

エキスパートからのコメント
脳梗塞再発予防の新たな選択肢
順天堂大学 上野祐司先生